FC2ブログ
図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。

ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ

 
2018年06月25日(月)

「鍵のない夢を見る」

こんにちは。最近ようやく釧路も暖かくなってきて、
アイスがおいしくなる季節になってきましたね!!

5月から図書館でアルバイトを始めた4年目のK・Oです。
4年目ということで試験が間近に迫り、緊張感が高まってきました。
出身は北海道のてっぺん稚内市です。
早く一人前になれるようにがんばります。よろしくお願いします。

今回私が紹介する本は、辻村深月さんの「鍵のない夢を見る」です。
辻村深月さんといえば「かがみの孤城」で今年の本屋大賞を受賞した方なので
ご存知の方も多いと思います。

図書つぶ

この作品は短編小説が5話収録されており、全ての話が「犯罪」と関わっています。
登場人物の「魔が差した」瞬間が恐ろしいくらい丁寧に描かれています。
本当に自分の周りで起こりそうなくらいリアルなので、
読んでいてぞわぞわするような感覚になります。
読み終わったあとにいろいろ考えさせられる内容です。

「鍵のない夢を見る」はドラマ化もされているみたいなので、
小説を読んでドラマも見てみるのもいいと思います。
試験などが終わって気持ちをリフレッシュしたいとき、
勉強や課題の息抜きをしたいとき、
体の内側から冷えるような話が読みたいとき…
などに読んでみてはいかがでしょうか?