FC2ブログ
図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。

ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ

 
2018年05月25日(金)

『つめたいよるに』

みなさんこんにちは!
5月から図書館アルバイトをしています、山形出身、1年目のM・Yです。
まだまだなれないことも多いですが、先輩方を見習ってがんばりたいと思います。
よろしくお願いします!

さて、今回私が紹介する本はこちらです。

『つめたいよるに』(江國香織 著)

26461652_1.png

41SE62BWAYL.jpg

この本の中は、江國さんの短編のお話がたくさんあり、長文を読むのが苦手、気軽に物語りを読みたい方におすすめの1冊です。江國さんの作品には、人との関わりをとして生まれる感動が数多く描かれています。



今回は私の好きな作品の1つ、『デュ-ク』を紹介します。

このお話は、私(主人公)が飼っていた犬、デュ-クが死んでしまうところから始まります。悲しくて仕方が無い私の前に一人のハンサムな男の子が現れて私を優しく励まし、二人は一日一緒に過ごします。デュ-クとすきなものが一緒のこの男の子はもしかして…

出会いと別れの不思議な一日を描いた『デュ-ク』は、あっという間に読み終わるのに、後に深い感動が残ります。


心がほっと明るくなる江國さんの作品をぜひ一度読んでみませんか?