FC2ブログ
図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。

ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ

 
2016年05月18日(水)

桜が開花しましたね!

みなさん、こんにちは!
図書館アルバイトのM.Hです!
釧路にも、ようやく春がやってきましたね・・
まだ少し肌寒い日もありますが、桜の開花が春を感じさせます❤

釧路の桜といえば、エゾヤマザクラですね!
エゾヤマザクラは、アイヌ語で「カリンパニ」っていうそうです。
(なんとも、かわいらしい・・)

私は道外出身なので、美しいソメイヨシノが見られないことを最初は嘆いていたのですが、最近ではエゾヤマザクラにも魅力を感じてきています!!
エゾヤマザクラは寒さに強く、ソメイヨシノよりも寿命が長いそうです☆
そして、あの濃い紅色の花びらはとてもかわいいですね❤
なんだか、美味しそうに見えます・・(^ω^)

さて、今回ご紹介する本は、こちら!!
『君の膵臓をたべたい』 著:住野 よる

君の膵臓をたべたい

少し前に話題になった「キミスイ」こと、
『君の膵臓をたべたい』です!

膵臓をたべる…(・_・;)??
って思う方、多いかもしれません(汗)
ですが、この本はちっともグロい本ではありません!
とっても切ない青春ストーリーなのです。
本屋大賞にノミネートされました!

この本の面白いポイントは2つあります。
まず1つ目は、主人公の男の子の名前が、物語終盤まで分からないということです。
名前の代わりに
【秘密を知っているクラスメイト】くん
という表記で物語が始まります。
その理由は、読んでいくうちにわかります!

2つ目は、会話のテンポです♪
私は今まで、‘会話の多い物語は読みにくい’という偏見を持っていたのですが、この本を読んで考え方が変わりました!
この物語はどちらかというと会話の場面が多いのですが、テンポが良いためサクサクと読むことができます♪
主人公たちが冗談を言い合う場面では、読みながらクスっと笑ってしまいました(^^)

ところでこちらの「キミスイ」なのですが、この釧路館には残念ながら入っていません(泣)
今後入ることを祈っています…
興味のある方は、本屋さんで探してみてください!!


もう1冊本をご紹介します!こちらは、釧路館に入っています!
『ムーミン谷のひみつの言葉』 著:富原眞弓

ムーミン

みなさん、ムーミンをご存知でしょうか?
そうです!白くてまんまるフォルムの、あのムーミンです❤
ムーミンの登場キャラクターは、実はたくさんいます。この本には、キャラクターたちの面白い言葉や感心させられる名言などが載っています!
さすらいの旅人スナフキンは、このような名言を言っています。

「‘そのうち’なんて当てにならないな。
             いまがその時さ。」


「そのうちやろう。」「そのうちできるようになるだろう。」と都合のいいように考えていては、大切なチャンスを逃すということですね…
(耳が痛いです。)

この本を読めば、今まで知らなかったムーミンたちの秘密も、発見できますよ♪
なんとムーミンたちは、冬眠するのです!!
白くて不思議な見た目のニョロニョロは、種から生まれるのです!!!

勉強の息抜きに、ちょっと手にとってみてはいかがでしょうか?
それでは!