FC2ブログ
図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。

ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ

 
2016年03月21日(月)

勉強や ああ勉強や 勉強や

こんにちは!アルバイト3年目のO.Sです。今年初のブログとなります。
釧路の地も暖かい日が多くなってきましたね。

この勢いのまま春まっしぐら……といきたいですが、
そこは北海道の東に位置する釧路。
なかなか冬が終わらない今日この頃です(笑)

さて、もう2016年も4分の1が終わろうとしています。早いですね。
私もついこの間まで、「夏休みには教育実習かあ」とぼやいていましたが、
その教育実習の評価も出されています。

今の私は「あと3ヶ月で教員採用試験かあ」とぼやくようになり、
その勉強に勤しんでいます。目指せ正規採用!
気合十分で勉強するも、まったくわからない部分もあれば、
範囲が広すぎて手の付けられていない所も……こんな感じで大丈夫かな、自分( ;∀;)

しかし、自分の興味関心を惹かれるものなら、身に付きやすいです。
私の場合、「情報教育」「読書教育」とかとか。
特に「読書教育」については、図書館司書の講義で学んだのでスラスラと解けます。
加えて、今教育現場では「読書教育」がアツい!!と言われています。
これは面接でつかえるかな笑。

今回紹介するのは「読書教育」に関する本です。それがこちら!
『読書へのアニマシオン 75の作戦』
 M・M・サルト著;宇野和美訳
20160316.jpg

皆さんは「アニマシオン」という言葉を聞いたことがありますか?
「アニマシオン」とは簡単に言うと、子どもたちに読書の楽しさを伝える読書指導です。
著者のM・M・サルトが開発しました。
著書名にもある通り、子どもたちが「読書は楽しい!」と
考えてくれるような作戦を75個紹介しています。

例えば、最初に読み聞かせを行い、クイズ形式でお話の内容を当てていく活動であったり、
わざと読む話を間違えて子どもたちが正しい話に直していったり、
というようなユニークな読書指導が紹介されています。
小学校では読み聞かせを行う機会があります。
サルトが開発した75の作戦。
小学校の教壇に立ったときぜひ決行してみては!?
読書指導を行う際のおすすめの1冊です。

4月からいよいよ4年生。
毎回思いますが4年間はあっという間ですねー笑。
4年生になってもやらなければいけないことは色々とあります。
『これからのことに見通しを持ちつつ、目の前にあることを1つずつ着実に乗り越えていきたい。』
これが私の4年生としての目標です。

それではー(^^)/