FC2ブログ
図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。

ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ

 
2015年12月14日(月)

もうすぐクリスマス★

みなさん、こんにちは(^^)
図書館職員の天野です。

もうすぐ、クリスマスですね♪
楽しい予定がある方も、そうではない方も、
こちらの本を読めば、ちょっとしたクリスマス気分になれますよ☆

そこで今回は、この時期にピッタリな
オススメ本の紹介をしたいと思います!

『クリスマスキャロル』C.ディケンズ著
2015121102.jpg
ケチで意地悪なスクルージおじさんがクリスマスの魔法で改心するという、おなじみのお話です。

シャーロック・ホームズ『青い紅玉』アーサー.C.ドイル著
2015121101.jpg
クリスマスでにぎわうロンドンをホームズとワトソンが走ります。

クリスマスは関係ない…という方にはこちらをオススメします。
『わが闘争 父の死』カール・オーヴェ・クナウスゴール著
2015121103.jpg
例の独裁者の著作と同じタイトルで不穏な感じがしますねぇ…。
全編、実名で自らの半生を綴った話題の一冊です。
父親の死をきっかけに、自らの青春や子供時代、
離婚、転居、再婚、子供の誕生を経て、
自分も一人の父親として父の死に向かい合うといった本ですが、中々の長編です。

サンタクロースと言えば、トナカイ、
トナカイと言えば、ノルウェー。
カール・オーヴェはノルウェーの作家です。

残念ながら、上記3点の本は釧路館には所蔵しておりません。
書店や公共図書館で見かけたら、ぜひ、手に取ってみてください☆
ワクワクしたり、想像力を働かせたり…。
きっと楽しいひと時を過ごせると思います(^^)/

(図書館職員 天野)