FC2ブログ
図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。

ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ

 
2015年07月27日(月)

教え育てるために実際の現場で習う、略して「教育実習」

みなさんこんにちは!アルバイト3年目のO.Sです。最近、釧路にしては珍しく暑い夜が続いており、寝るのに苦しんでいます。

さて、いきなりですがクイズです。教育大学の3年生にとって夏といえば何でしょうか?答えはそう、教育実習です。5週間という長いようで短い期間(といわれていますが)の中で、子どもたちと関わり、授業を行い、学校・学級の仕組みについて学びます。子どもたちと生活を共にする中で、自分自身が教育・学習について、あるいは児童理解についてなどなど、たくさんの経験をする。それが教育実習です。

「子どもたちと一緒に遊びたい」「教育について色々と学びたい」という期待の裏には、「子どもたちとどう向き合えばいいのか」「授業はどのように作ればいいのか」というような不安があるはずです。私も期待:不安=4:6です……

今回紹介する本は、そんな不安を少しでも解消し充実した実習にするための実践的なガイドブックです。それが『わかりやすい!すぐに役立つ!小学校「教育実習」実践・実技ガイドブック』です。

20150727.jpg


『わかりやすい!すぐに役立つ!小学校「教育実習」実践・実技ガイドブック』
長瀬善雄編著 明治図書 2011年


この本には実習の心得から実習に役立つ遊び、授業の進め方など、実習のはじめから終わりまでのポイントをすべて網羅した1冊です。ぜひ読んでみてください!特にこれから実習に行く3年生は必読です。

私の実習生活は、8月25日~9月26日の約1ヶ月間です。充実した実習生活となるように、準備から一生懸命頑張っていきます。次回は実習の報告をしたいと思います。それではみなさん、良い夏休みを!