FC2ブログ

2015-03-30

光陰矢のごとし

図書館アルバイト一年目S.Mです!そんなこんなで一年が経とうとしています。
去年の今頃は、釧路に向かうための準備の真っ最中で、かなり忙しかったのを覚えています。同じ一年目、感じる事は同じなのでしょう、似たようなことを書いてしまう自分に苦笑い……。
タイトルにもある「光陰矢のごとし」英語だとTime and tide wait for no man.(時は人を待たない)なんだそうで。
どこの国も、過ぎ去った時を惜しむ気持ちは同じなのかも知れませんね。
あっという間に過ぎていったこの一年、本当にいろいろな事を学びました。もちろん教育の事から、一般的な社会の仕組み等々。
生活していくって、案外大変だ……。
失敗ばかりの日々をそれでも楽しく過ごせたのは、卒業してしまった四年生や、二、三年生に支えてもらえたからです。
ありがとうございました!!

…………そういえば、一年経つということは私も先輩の立場になるという事ですね。
カッコいい先輩目指して尽力していきます。

さて、それでは本の紹介です!
今回、私の紹介する本はこちら!「影との戦い ゲド戦記Ⅰ」

影との戦い―ゲド戦記 1影との戦い―ゲド戦記 1
(1976/09/24)
アーシュラ・K. ル・グウィン

商品詳細を見る


宮崎駿アニメで有名なゲド戦記。アニメの方ではアレン少年が主人公として描かれていましたが、実はゲド戦記の本当の主人公は別の人物なのです!
タイトルにもある「ゲド」この物語の真の主人公である彼は果たしてどんな人物なのか。
(実はアニメ版の方にもしっかり出てきているんですよ!(*^-^*))
〈以下はあらすじです〉
ゲドは才気溢れる少年だったが、ライバルよりも自分が優れていることを証明しようとして、ロークの学院で禁止されていた術を使い、死者の霊と共に「影」をも呼び出してしまう。ゲドを脅かす影の存在、恐れを超え、影との対峙を決意するゲドの得る答えとは。

出会いの春に素敵な「本との出会い」がありますように……
図書館アルバイト一年目S.M
図書館のつぶやき
学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
としょつぶの本棚
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ