2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2018年 スタートです!
2018/01/05(Fri)
あけましておめでとうございます。
図書館事務の天野です。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は戌年ですね。しかし、最近は猫のほうが人気があるそうです。
そこで、私がオススメする本はこちら

史料としての猫絵mini山川出版社『日本史リブレット 史料としての猫絵』です。


この絵の作者は歌川国芳、人気絵師で愛猫家であったようで、猫を擬人化した絵などを発表していたようです。
この絵の説明書き(「賛」というそうです。)には
『この絵を貼って置けばネズミがよってきません。もしネズミが姿を現しても悪さをしません』とあります。
この絵は「ネズミよけポスター」だったのですね。

さすが愛猫家、ネズミを狙う猫の姿をよく描けています。しかし、この猫のポーズは国芳が考え出したモノなのでしょうか?
実はこの構図、『猫』の定番ポーズなのです。
猫が狙うのは花に寄る『蝶』そのような絵が中国から伝わっているそうです。
〈花咲く庭の日だまりに蝶と猫〉というのは〈富と長寿〉を暗示しているのだそうです。
そして、この猫「赤い首輪」をしています。
猫といえば「赤い首輪」これも定番なのです。その訳は本書でお確かめください。
『日本史リブレットシリーズ』は100p程の大変読み易い本です。是非、ご活用ください。

スポンサーサイト
この記事のURL | コラム:スタッフのつぶやき | ▲ top
『飛ぶ教室』
2017/12/01(Fri)
 いやはや気づけば「師走」ですよ、「師走」!。1年は本当に早い!。
 あっ、はじめまして!。図書つぶ、初登場、図書館事務の木村です。
 配置換えで5月から勤務しております、アラ還の職員です。
 よろしくお願いいたします。
 
 それでは早速紹介させていたくのは、岩波書店ケストナー少年少女文学全集の中から『飛ぶ教室』です。

DSC_0191.jpg


 同全集は小学校高学年向けと言う事になっておりますが、作者いわく「8才から80才までの子供に向けて書いた」とあります。
 洒落たコメントでしょ?
 全くそのとおりで、子供が読んでも勿論面白いのですが、大人と呼ばれる年齢になってからでも、幼い時には判らなかった新しい発見があります。

 舞台はドイツの寄宿学校、現在の日本だと小学校高学年から高校3年位までの学年が一緒に生活し学んでいます。
 同じクラスの少年逹5人と寄宿舎を監理している先生が主な登場人物。
 この少年逹、読者自身あるいは読者の友達を連想させるところが1つ位はあるように描かれていると思います。
 このように、書かれてから80年以上経つ小説なのですが、今でもまったく古びていません。
 何よりクリスマスを迎えるこの時期こそピッタリの読みものです。
 未読の方は勿論ですが、「子供の時に読んだよ」って人は、もう一度読み直してみてはいかがでしょう。
 アッと言う間に読み終わる量なので、勉強やデートの邪魔にもならないはずです。
 そして、気に入ったら全集から他の本も読んでみて下さい。
この記事のURL | コラム:スタッフのつぶやき | ▲ top
『「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》』
2017/10/20(Fri)
橋本 毅彦
『「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》』
講談社学術文庫、2013年8月


ものづくり


 今回ご紹介する本は『「ものづくり」の科学史』というタイトルの本。もとは『〈標準〉の哲学 スタンダード・テクノロジーの三〇〇年』というタイトルで、講談社選書メチエの一冊として2002年に出版された本ですが、加筆修正のうえ、タイトルも改めて学術文庫に入りました。私が読んだのもこの文庫版であります。橋本毅彦氏は東京大学教授で、科学史・技術氏がご専門です。
 オリジナルタイトルや文庫版のサブタイトルに入っている「標準」、そして「互換性」、これらが本書の重要なテーマ、キーワードであります。橋本氏はこんな風に言われます。

  互換性とは、ある機械(システム)の部品(構成要素)になっているものが、もう一つの同型の機械(システム)の対応する部品(構成要素)と交換されても、しっくりと結合し、全体の一要素として正常に機能できるようなことを言う。互換性がより一般的、普遍的になり、世の中のほぼすべての同型の機械やシステムで対応する要素部品同士が互換性をもてば、その要素部品は標準化されているということになる。パソコン上の多くの文書ファイルの間には互換性があり、USBの差し込み口は全世界で標準化されている。(学術文庫版まえがき、3~4ページ)

 現在私たちの身の回りにあふれる様々なものは、ほとんどがこの「標準」と「互換性」を有する工業製品に属します。橋本氏が例に挙げるパソコンが典型ですね。みなさんお持ちのスマホももちろん、自動車も自転車もそう、レンジや洗濯機など身近な電気製品もみんなそう。むしろそれ以外のものこそほとんど見当たらないですね。われわれがごく当然と思っているこの「標準」と「互換性」ですが、こうした考え方が生まれ育ち応用されそして当然とみなされるようになったのは意外に新しいことなのだ、ということをいくつもの具体的な例によって述べたのがこの本です。
 例えば第1章では銃を取り上げます。金属製の部品と木製部分から構成される銃ですが、18世紀の段階ではいまだ一挺ずつ職工が制作したものであって、全く同じ規格の製品はなかったのです。仮に同じ構造の同型の銃であったとしても、一方の銃のある部品が破損したので別の銃の同じ部品を持ってきてはめ込み修繕する、ということができなかったのだそうです。サイズや形に僅かながらズレがあったのですね。故障があれば、問題個所を職人が手の技で直すか、それを廃棄してしまうか、どちらかしかないのですね。前者は時間と手間がかかり、後者は無駄が発生します。現代人であれば、ものを作るには設計図があってそれに基づけば同じものが作れるだろうと思うわけですが、その設計図なるものが使用されるようになるのが実は案外遅くてやっと19世紀以降のことなのだそうでして(30~31ページ)、それゆえ、見た目の上では同じようなものが大量に作られてはいても微妙なところではそれらは違っていたというのが現実だったのですね。兵器で言えば大砲もそうであり、砲身内部のサイズが違っているのは当たり前で、ことによると内部(口径)が正しい円形になっていないこともあり、そのため砲弾も共通のスタンダードでは不具合が生じたというのです。いやはや、驚きですね。あらゆる機械が全てこんな調子でしたから、生産・流通・消費に限界があったことは、推して知るべしであります。
 それが大きく変化するのは19世紀以降です。その傾向は20世紀になって互換性を持つ部品が量産されることで標準化された製品の大量生産が行われるようになってゆきます。本書で特に注目されるのが「ネジ」です。無数と言っていいほどの種類のネジが私たちの身の回りの物品に使われていますが、互換性を持ったネジ、汎用性のあるネジが作られ使われるようになったのは意外に新しく、そこには製作者の苦労もあれば、お役所的な事情もありました(日本にはもともとネジはありませんでしたね。鉄砲伝来の時に初めて知ったという話です)。聞いたことのない驚くべき物語が次々と語られます。現代人が当たり前だと思っている事柄が、実はそんなに古い歴史を持たないということがよくわかりますし、人類にとって「近代」とはいかなる時代であるのか、そういうところにまで踏み込んで思考を求められます。また、こうして標準化が進んだものばかりがあふれているからこそ、現代では逆に「手作り」感があるものが求められるのかもしれません。他人の持っていないもの、持ち主にだけ合うものは職人や本人のカスタムメイドによって生産されるということになります。
 科学技術史の本でありますので、正直私のポンコツ頭では理解できない個所も多いのですが(泣)、科学や数学の理屈はともかく、人々の発見や努力、そして新製品の普及に伴う影響などの物語はまことに興味深く、学ぶところ極めて多い本というべきでしょう。個人的にはとても勉強になりましたね。なお、著者の橋本氏には、特定の発明家を主軸に据えた『近代発明家列伝』(岩波新書)もあり、こちらの方が文は読みやすいでしょう。こういう分野、知的好奇心を大いにくすぐられます。
(釧路館長 竹内康浩)
この記事のURL | コラム:スタッフのつぶやき | ▲ top
夏休みが始まって一ヶ月
2017/09/19(Tue)
皆様こんにちは!アルバイトのM.N.です。
夏休みが始まって一ヶ月、あっという間に日々が過ぎていきます。
気付けばもう夏は終わりを迎えそうですね。

私はというと、何をすることもなく暇な時間を過ごしています。
「こんな夏でいいのか!」と自分を叱りつけたいのは山々なのですが、
生憎そんな気力も体力も残っていないのが現状です。情けない・・・。
しかし!だからこそ!!
そんな暇な時間を活用して国研らしく読書をしようじゃないか!!!と自分を奮い立たせ、
なんとか某コーチ◯ンフォーに足を伸ばしました。

江戸川1

そこで出会ったのは、新潮文庫で新しい装丁となった、『江戸川乱歩傑作選』でした。
こういった文学にあまり触れてこなかったな、という思いと、
この装丁めっちゃカッコいい!という二つの思いから、即購入し、さっそく読み始めました。

この短編集の中でとりわけ印象に残ったのは、「心理試験」と「人間椅子」の二作品です。

「心理試験」は、頭脳明晰な苦学生、蕗屋清一郎が主人公です。
学はあるが金はない、そんな蕗屋は、親友である齋藤勇から、
彼の下宿先の家主である老婆が大金を貯めていることを聞きます。

あんな老婆が大金を持っているより、未来のある自分が金を手に入れるべきだという考えに至り、
老婆を殺し大金を奪う計画を企てます。
(「選ばれた非凡人は、新たな世の中の成長のためなら、社会道徳を踏み外す権利を持つ」、
さながらドストエフスキーの罪と罰みたいな犯罪論理ですね。)

自分が疑われることのない、完璧な計画、完璧な犯罪。
しかし、完璧であるが故、彼は大きなミスを犯してしまうのです。

最初は読者である私も「これは完全犯罪だ!」と自身を持って言えたのですが、
徐々に追い詰められていく蕗屋とシンクロしてこっちまで焦ってくる、ハラハラドキドキの展開が繰り広げられます。

本来は悪であるはずの犯人に同調・同情してしまうのは何とも言えないですが、
乱歩の作品は心理描写が素晴らしく、読み手である私たちの身に切迫する緊張感がたまらないです。
ある意味背筋がヒヤッとして涼しくなれますね!笑

また、この作品には名探偵の明智小五郎も登場します。
名前だけは知っている方も多いかと思いますが、どんな小さなトリックでも見逃さない彼の名探偵ぶりは圧巻です。

続いて「人間椅子」。
名前からして不穏な雰囲気ですが、安心して下さい。
それ以上に不気味で奇怪な作品です。

外交官の妻であり、女性作家でもある佳子の元に、一通のファンレターが届きます。
それはある男の懺悔が書き綴られたものでした。

容姿は醜いが精巧な椅子を作ることで有名な「私」は、
ちょっとした思いつきから椅子に空洞を作って入り込むことを企てます。
その思いつきはいよいよ形となるのですが、そのまま外国人専用ホテルの客間へ私ごと運ばれてしまいます。
様々な人間が自分の上に座る感触に快感を得る私。

あるときは少女に恋をし、あるときは外国人の屈強な体つきに驚きました。
しかし、次第に私は言葉が通じない外国人ではなく、日本人の女性の感触も味わいたいと思うようになります。

そしてその頃、ホテルのオーナーが変わり、私の入っている椅子は売りに出され、
やっと日本人の女性の感触を味わえるのだと胸を躍らせるのですが・・・。
視覚的ではなく、感覚的な描写を文字でこれだけ表現できるものなのかと驚かされました。
さながら映像を見ているような感覚に陥ります。

また、最後の1ページで驚愕のラストが待ち構えています。
所詮は私も乱歩の手のひらの上で踊らされていたのだと、良い意味で意気消沈させられました。
こういったどんでん返しも乱歩の作品ならではでしょう。

江戸川2

新潮社文庫版の傑作選は残念ながら当図書館には置いていません。
しかし、今回ご紹介した二編は光文社文庫版の『屋根裏の散歩者』に収録されていて、
当図書館にも蔵書されています。
そちらの方を手にとって頂ければ幸いです。
光文社文庫版には乱歩本人による当時のあとがきも併せて掲載されているので、
作品をより深く味わえること間違いなしです。

少し長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。
大好きな作品に対してはどうしても熱くなってしまうものです。
乱歩の魅力が少しでも伝われば幸いです。

夏休みは後少し、長いようであっという間です。
だからこそ空いている時間を活用して様々な文学に触れてみては如何でしょうか。

この記事のURL | コラム:スタッフのつぶやき | ▲ top
「3びきのかわいいオオカミ」
2017/08/21(Mon)
こんにちは。
図書館カウンターの高橋です。

お盆も過ぎ、すっかり寒くなってきましたね。
釧路の夏はいつ来たのでしょうか・・・
夏を飛び越して一気に秋になったような気がします。


さて、今日ご紹介したい本はこちら。

おおかみ

「3びきのかわいいオオカミ」
作: ユージーン・トリビザス
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: こだま ともこ

あれ?と思った方もいるのではないのでしょうか。
この絵本実は、子どもの頃に一度は耳にしたことがある「3びきの子ブタ」という童話のパロディ絵本なのです。

「3びきの子ブタ」といえば・・・
3びきの子ブタが母ブタに自立を促されそれぞれ、わら、木、レンガで家を建てます。
そこへお腹のすかせた悪いオオカミがやってきて・・・
というお話です。

「3びきの子ブタ」に限らず、他の童話でも悪役の事が多いオオカミ。
しかし、この「3びきのかわいいオオカミ」ではとってもかわいい癒やし要員として描かれています。

そこで問題なのは、じゃあ悪役は誰なの?という事。
この絵本の原題は「BIG BAD PIG」
直訳すると「悪い大ブタ」
そう、なんとブタが悪役なのです。
このブタ、まぁ悪いのなんのって・・・

母オオカミに自立を促され自分たちで家を建てる所まではだいたい同じ道筋ですが、
家を建ててみんなで仲良くバトミントンをしているとやってきたのは、

さんびきのかわいいおおかみ2見るからに悪そうなブタ

さんびきのかわいいおおかみ3
それに怯える草食系のオオカミたち。
しっぽも丸まってしまっています・・・

家の中へ立てこもるオオカミと、あの手この手で家を破壊しまくる大ブタ。
両者の戦いはどうなるのか?

少し長めのお話なので小学生への読み聞かせにぴったりです。
釧路館には所蔵していませんが、仕掛け絵本版もあるようです。

物語の最後はほっこりする事間違いなし。
元ネタとどう違うのかぜひチェックしてみて下さいね。




この記事のURL | コラム:スタッフのつぶやき | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。