fc2ブログ

図書館のつぶやき

図書館のつぶやき

学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

 

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 

としょつぶの本棚

釧路館の新着本などを並べています。
 

カテゴリー

 

2022. 06. 24

『ぼく モグラ キツネ 馬』

こんにちは!図書館アルバイトのKです。
暦的には夏になったかと思いきや、肌寒い日が続くのは釧路ならではといったことでしょうか…(笑)
そんな時に心を温めてくれる本を今回は紹介したいと思います!

チャーリー・マッケジー著、川村元気訳
『ぼく モグラ キツネ 馬』

ぼくモグラキツネ馬

この本の前書きには

“この本はだれでも楽しめる、あなたが8歳でも、80歳でも。”
       “いつでもどこでも、どこから読んでもらってもかまわない。”

と書いてあります。

私はこの本、本屋さんのレジの目の前で出会って全部読んでしまいました。読み終わって泣きそうになりながらふと、顔を上げると店員さんが怪訝な顔をしていました。そう、こんなにも堂々と立ち読みし、しかも泣きそうな顔をしている人がいたのだから(笑)

ペン1本で描かれた圧巻のイラストと、どんな人の心に寄り添う言葉たち。最高の一冊です。
この本を読んだらきっと誰かに贈りたくなります。でも気恥ずかしい気持ちが前に出てきてしまうかもしれません。なぜかというと、普段心の奥底に閉まっている想いがとってもストレートな言葉で書かれているから。

それでも、私はこの本を読んで、気恥ずかしさよりも、心が温かくなって、自分もいつもは伝えないような想いを言葉にして伝えたくなりました。
本当に、本当に心から贈りたいと思う相手に贈ったら。そんな素敵な瞬間をつくってくれる本でもあります。

ぜひとも本を開いて読んでほしいので内容についてはあまり触れませんが、私が個人的に好きな部分をひとつ、挙げるとするならば

人生はむずかしい。でも、きみはたしかに愛されているよ。

です。

この本に少しでも興味が湧いた方は実際に手に取って中身を覗いてみてください。

この本があなたを勇気づけられますように。

2022. 05. 27

『日本国憲法を口語訳してみたら』

「俺たちはちゃんとみんなで選んだトップを通じて、俺たちと俺たちのガキと、そのまたガキのために、世界中の人たちと仲良くして、みんながすきなことをできるようにするよ。」 ~前文より~


みなさんこんにちは!アルバイトのT.Oです。
今回私が紹介するのは『日本国憲法を口語訳してみたら』という本です。


日本国憲法を口語訳してみたら


正規の文で読むと難しい憲法ですが、
この本を読むと憲法がどのようなものかといった大まかな所が非常にわかりやすく
なにより実に面白い!!

口語訳だけでなく、原文も載っているから気になったところは後からちゃんと調べられるので、口語訳でちゃんと理解できるのかと不安な方も安心です!
また、憲法の内容だけでなく、憲法が成立した背景関連する内容のコラムも複数収録されているので、深い知識を身に付けられる!

日本人なら自分の国の憲法くらい知っておいて損はない!
護憲? 改憲! ? その前に…読んだことありますか?

2022. 04. 28

『11ぴきのねこ』

こんにちは!図書館アルバイトのKです。
今回紹介する本はこちら!

著者 馬場のぼる 「11ぴきのねこ」

11ひきのねこ

馬場のぼるさんの人気のロングセラー絵本、シリーズの第一作です。「11ぴきのねこシリーズ、好き!読んだことある!」という人も多いのではないでしょうか? 私も子供の時に初めて読んでから、大人になった今も11ぴきのねこファンです。

そんな「11ぴきのねこ」はこんなお話です。

11ぴきののらねこたちは、いつもおなかぺこぺこ。ある日じいさんねこに、湖に大きな魚がいると教えられ出かけていきます。大格闘の末、やっと怪魚を生け捕りにしますが…。あっと驚くどんでん返しが大人気。(こぐま社公式サイトより引用)

かわいい絵も魅力の一つです。ねこたちの豊かな表情をみていると、こちらの顔も緩んできます。他にもこんな秘密が!どの場面にもちゃんとねこが11ぴきいます。ぜひ数えてみてください。あれれ…?でも表紙には10ぴきしかいない…?もう1ぴきはどこにいるのか探してみてください。

読んだことがある人もない人も、11ぴきののらねこたちと冒険してみませんか?

2022. 03. 25

『葉っぱのフレディ』

こんにちは!図書館アルバイトのOです。
来月から早いもので4年生になります。あっという間ですね…。
色々なテーマで書かせていただいた「としょつぶ」ですが、これで最後になります。

そんな私が紹介する本はこちらです!

レオ・バスカーリア「葉っぱのフレディ-いのちの旅―」

葉っぱのフレディ-いのちの旅―


この本は、アメリカの著名な哲学者レオ・バスカーリア博士が書いた、生涯でただ一冊の本です。
ミュージカルとして上演されるほどの名作であり、2004年3月には出版累計100万冊に達しました。
生とは?死とは?葉っぱの一生に重ね語られる本作品は、これからもたくさんの読者の方に読まれていくのだと思います。

ところで、あなたはフレディの「いのち」から何を考えるのでしょうか?

きっと子どもの頃に考えていたこと……
「私たちはどこから来て、どこへ行くのだろう。生きるとはどういうことだろう、死とは何だろう」
ということを考えるのかもしれません。

そしてまた、私たち人は生きている限りこうした問いを問い続けるのかもしれません。

もしこの本を手にとって考えたことを教えてくださるならば、ぜひ聞かせてくださいね😊

自分の人生を考え始めたあなたの糧になる1冊。ぜひ読んでみてください!

2022. 02. 24

小泉八雲 『怪 談』1904年(怪奇文学作品集)

 交通機関も止まるような豪雪で北海道の他地域は大変な状況ですが,釧路だけは,雪が少ない!
それも例年以上に降らないおかげで,除雪の苦労もほとんどなし。(今のところは)快適~♡
そんな中,皆さん、元気でお過ごしでしょうか!?
図書つぶ、4回目?の担当、図書館事務のKです。

 今回は、小泉八雲(英国名ラフカディオ・ハーン) の 『怪談』 を紹介させていただきます。

花壇

代表的なところでは『雪女』か『耳なし芳一』の話のどちらか、あるいは両方共ご存じという方は多いのではないでしょうか。
他にもコワ~い話がた~くさんありますが、ほとんどが短い話なので、「アッ!」と言う間に読み終わります

 また随筆には、地震の後の大津波から村人達の生命を救った『生神様』(八雲がTSUNAMIという言葉を世界に紹介した)、殺人犯の悔恨と周囲の人達の赦し『停車場にて』等、佳い話もたくさん出て来るので、怖い話を読んで気に入った方にはコチラもお勧めします。

ちなみに、奥さん(日本人)に教えてもらった話を集めた『怪談』ですが、奥さんが本を読もうとすると
「それではいけない、貴女の言葉で話してください。」
と言ったそうです。

 中でも夜遅くに神社の賽銭箱を取りに行く『幽霊滝の伝説』、途中はモチロンですがオチがメチャクチャ怖いんですよ。

 怖い話は”夏”というのが定番ですが,読みごたえのある本は季節関係なしで面白いもの。
『雪女』は冬の話だしね。そうそう!今年の大雪も彼女の仕業かも?......ガクガク(((;゚Д゚)))ブルブル

 | ホーム |  »

リンク

 

ブログ内検索

 

FC2カウンター

 

月別アーカイブ