FC2ブログ

2019-01-28

「告白」

こんにちは!
アルバイト2年目のY.Kです。

今回私が紹介する本は、「告白」 (湊かなえ 著) です。

告白

我が子を自分の教えている学校で亡くした女性教師が
終業式後のホームルームで犯人である少年を指し示します。
そして物語は、モノローグ形式で犯人や友人、犯人の家族たちの「告白」によって語られ、
事件の真相が徐々に明らかになっていきます。
様々な視点から見る事件の真相や人間の恐ろしさ、淡々と復讐をしていく執念にきっとゾクゾクするでしょう。



図書館にありますので、ぜひ一度手にとって読んでみてはいかがでしょうか??

2018-12-27

乙一『暗黒童話』

お久しぶりです。アルバイトのM.Nです。暖かい日が続いたと思いきや、度重なる吹雪でめっきり冬らしくなってきましたね。
雪が積もるたびに学校へ向かう足取りが重たくなってきました。

もとから重たいとか、そういうわけではないです。

決して。断じて。

去年もなんだか同じようなことを言っていた気がします。デジャブですね。
デジャブと言えば思い出す本が一冊。
乙一の『暗黒童話』です。
名前からして陰鬱な雰囲気が漂っていますね。内容も相応に暗澹としています。


暗黒童話ある事故により片目の眼球を失った少女。
臓器移植により視力を取り戻したものの、
そのショックから記憶障害になり、
過去の自分を思い出せなくなってしまいます。
ところがある日を境に、移植された左目の
視てきた映像がデジャブのごとく再生されます。
そして少女はその記憶を頼りにドナーの住んで
いた町を目指します。

その先に凄惨な事件が待ち受けていることも
知らずに……。



稚拙なあらすじですがご容赦ください。
話が進んで行くにつれだんだんとホラーサスペンスの様相を呈してくる本作。
じわじわとくる恐ろしさが不快であり、快感でもあります。


この物語の季節は冬。
寒々しい情景描写に目が行きがちですが、それと対比されるように描かれる喫茶店のカフェオレの温かさだとか、そういった描写がリアリティをもたらします。
きっと誰もが体験したであろう冬の描写にぐっときます。
ただ、描写が精細であるが故に、ショッキングなシーンも多くあるので、苦手な方は読むのを控えた方がいいかなと思います。


本書の作者である乙一は独特な視点や設定で描いた作品が多くあります。
例えば『夏と花火と私の死体』では殺人事件の被害者、すなわち死体の目線で事件が語られていきます。
視点が変わることで生まれる緊迫感は彼にしか生み出せないものでしょう。
『夏と花火と私の死体』は残念ながら本館に所蔵されていませんが、文庫版も発売されており、非常にお手頃なお値段となっておりますので、ぜひお近くの書店へ足をお運びください。
短編集である『ZOO』なんかもいろんなテイストの作品が楽しめておすすめです。


気がつけば今年も残りわずかとなりました。
年末年始はおこたにこもって、普段読まない本を読んでみるのもまた一興かもしれません。
私は現在10冊ぐらい積読しているので(2ヶ月後のゼミ合宿と3ヶ月後の卒中からは目を背けつつ)
一気に読み切りたいなと思います。

2018-11-27

『おまえ うまそうだな』 

みなさんこんにちは!
寒さも日に日に厳しくなってくる今日この頃です。
今年は「平成最後の○○」というフレーズが飛び交っていましたが、いよいよ平成最後の冬を迎えます。
冬の寒さが迫る中、今年も残すところ1ヶ月余りとなりました…。

さて、今回私が紹介する本は、
『おまえ うまそうだな』 宮西達也 作絵
という絵本です。

おまえうまそうだな


アンキロサウルスの赤ちゃんがひとりぼっちで歩いていると、
恐ろしいティラノサウルスが…。
「ウマソウ」。ある勘違いからアンキロサウルスの赤ちゃんはティラノサウスルを本当のお父さんのように慕うようになります。
しかし、アンキロサウルスとティラノサウルスでは異なることばかりです。
それに気づくティラノサウルスと無邪気なアンキロサウルスの赤ちゃん。
この2匹は一体どうなってしまうのでしょうか?

ほっこりするけれどもどこか寂しさが残る絵本です。
ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?
(アルバイトS)

2018-10-26

「負けない技術」

どんな本を探して図書館にいらっしゃいますか?

お久しぶりです、アルバイトのY.I です。
早速ですが今回紹介する本は、「負けない技術」です。

負けない技術


もしこの本の著者を知っている方がいらっしゃったら、「あれ?」と思うかもしれません。
この本の著者は麻雀で20年間無敗の伝説を作った雀鬼こと桜井章一さんです。

図書館には勉強のための本、仕事のための本、授業のための本など多様な本が保管されています。
さらに言えば、「趣味」の本も置いているのが図書館です!

ぜひ、自分の趣味に関する本を探して図書館に足を運んでみてください!

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

2018-09-26

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの辞典

お久しぶりです。4年目になりました図書館バイトH.Rです。
教員採用試験も終わり、ここから卒論を本格的にやんなければ!!!と思っています。
卒業はしたくないけど、卒論には手がつかない…堕落した毎日です(汗)

今、勉強している人・卒論に集中してる人へ…
「たまには、ざんねんな生き物たちに癒されてみませんか?」

そこで、今回紹介する本は!!!
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの辞典
です!!

釧路館では、3F児童図書コーナーにおいてありますよ!

ざんねん1 ざんねん2
      

「ただ、動物が載ってる本でしょ…?」って思ってしまった人へ
ただ、動物が載っているだけでないんです。
「どうして、こんな進化したんだろう?」と考えていたら、
動物たちが可愛く見えますよ(笑)

また、この本では動物の残念度も表示されており、調べていけばとても面白くなりますよ!!

気になった方はぜひ読んでみては…?
図書館のつぶやき
学生アルバイト含め図書館スタッフ約10名が交替で担当する本の紹介コラム、企画展示や各種イベントのお知らせなど、もろもろのご案内を掲載しています。

図書館スタッフ

北海道教育大学附属図書館釧路館のつぶやきです。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
としょつぶの本棚
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ